恥ずかしながら帰ってまいりました

“帰ってまいりました”には、枕詞として「恥ずかしながら」を必ず付け加えてしまう店主。

その帰ってきたのは、猫のみーちゃんである。

涙の別れから、数年後、諸事情激変し、当店、また、猫を飼えるようになった。

これをうっかり?話したら、みーちゃんは即刻、離縁。 戻されることになったのである。

みーちゃんを飼ってくれていたのは、本当に親切なひとで、当時、店主が困り果てていたのを見かねて、

「本当は飼いたくないのに」むりをして飼ってくださっていた、のであった。

その間、みーちゃんは、そのご恩に報いることなく。いろいろと悪さをしていたらしい。

ふすま、障子、部屋はぼろぼろ、脱走は日常茶飯事だった。とのこと。

戻されて当然だ!?

2020/11/19 17:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る